投資をする場合の心構え(我思う)

初めに

投資の世界に「絶対」はありません。ですから、上がる場合もあれば下がる場合もあります。それを一般にリスクといい、往々にして下がる場合だけを見て「これは危ないから」と投資を躊躇する方がいらっしゃいます。そしてそれはきっと「確定利回り」が安全という考え方だと思います。本当にそうでしょうか?

確定利回りは安全か?

確定利回りの運用商品は一定の条件下(例えば債券の発行体が破綻しない等の条件を満たした上)で、ある意味安全だと思います。何故「ある意味」なのでしょうか? それは確定利回りは「インフレに勝てない」という欠点を持っているからです。 インフレに勝つためにはやはり「変額」だと思います。

分散の薦め

前記は決して確定利回りを否定しているのではありません。申し上げたいのは、一つにまとめた場合に全ての資産が被害を被ってしまうという「分散しないことの危険」なのです。

どうするのがベター?

確定利回りの金融商品と変額の金融商品を併せることや、投資する場合の時間・通貨・エリア(地域)・対象資産の分散など、可能な範囲である程度の分散はしておいた方がより安全であることは間違いないでしょう。

私のバイブル

以前は投資なんてやっていませんでした。というか、株や先物で大損してしまい、「やっぱり自分には縛才が無いんだ。もう足を洗おう」と妙な納得をしていました。しかしこれでは資産は増えません。増えてもそのスピードは「亀」以下。「これじゃ未来は暗いな~」と思っていましたが、ある本に出会ってからは変わりました。それは「バビロンの大富豪」という本です。これに投資の基本スタンスがあり、以来私はその方法に則って投資を行っています。お蔭様で現在順調に資産は増加しています。本を読んでの感じ方は人それぞれでしょうが、資産を増やしたいと思われている方にはお勧めします。キングベアー出版から1500円で発売されています。 因みに私はキングベアー出版の回し者ではありませんので・・・為念